忍者ブログ



1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

般若心経 「呪 文」 

般若心経 (はんにゃーしんぎょう)  真言呪文
 

 般若心経という真言には大変不思議な力を持っておりまして、我々が朝と夜、般若心経を読んで唱え、深く考え抜いて日々を実践していけば、生まれもっている煩悩を取り除くことができるのです。

 この真言の呪文の一字一句の中には、無限なる神秘的な力を含んでおり、必然的にその功徳によっておのずから利益を得ることができるのです。

 また、他人にも利益を与えることができます。

 さらには、日常的な心の中に超越した心境を持つことができ、迷い苦しむ人が、天、声聞、縁覚、菩薩と順々に深い教えに入って行き、最後には仏の世界に達していくのです。

   

はんにゃしんぎょう

般 若 心 経

ぶっせつ まーかー はんにゃー はーらーみーたー しーんぎょう  かんじーざいぼーさー
仏 説  摩 訶  般 若   波 羅 密 多  心  経    観 自 在 菩 薩


ぎょうじんはんにゃーはーらーみーたーじー  しょうけんごー  うんかいくう
行  深 般 若  波 羅 密 多 時   照  見 五   蘊 皆 空


どーいっさいくーやく  しゃーりーしー  しきふーいーくう  くうふーいーしき
度 一 切 苦 厄   舎  利 子   色 不 異 空   空 不 異 色


しきそくぜーくうくうそくぜーしき  じゅーそうぎょうしきやくぶー  にょーぜー
色 即 是 空 空 即 是 色   受  想 行  識 亦 復   如  是


しゃーりーしーぜーしょーほうくうそう  ふーしょうふーめつ  ふーくーふーじょう
舎  利 子 是 諸  法 空 相   不 生  不 滅   不 垢 不 浄


ふーぞうふーげん  ぜーこーくうちゅう  むーしきむーじゅーそうぎょうしき
不 増 不 減   是 故 空 中    無 色 無 受  想 行  識


むーげんにーびーぜつしんにー  むーしきしょうこうみーそくほう  むーげんかいないしー
無 眼 耳 鼻 舌 身 意   無 色 声  香 味 觸 法   無 眼 界 乃 至


むーいーしきかい  むーむーみょうやくむーむーみょうじん  ないしー
無 意 識 界   無 無 明  亦 無 無 明  盡   乃 至


むーろうしーやくむーろうしーじん  むーくー  しゅう  めつどう
無 老 死 亦 無 老 死 盡   無 苦   集    滅 道


むーちーやくむーとく  いーむーしょーとくこー  ぼーだいさったー
無 智 亦 無 得  以 無 所  得 故    菩 提 薩 埵


えーはんにゃーはーらーみーたーこー  しんむーけーげー  むーけーげーこーむ う く ふ
依 般 若  波 羅 密 多 故   心 無 罣 礙   無 罣 礙 故 無 有 恐 怖


おんりーいっさいてんとうむーそう  くーぎょうねーはん  
遠 離 一 切 顚 倒 夢 想   究 竟  涅 槃   


さんぜーしょーぶつえーはんにゃー はーらーみーたーこー
三 世 諸  仏 依 般 若   波 羅 密 多 故


とくあーのくたーらーさんみゃくさんぼーだい  こーちーはんにゃーはーらーみーたー  
得 阿 耨 多 羅 三 藐  三 菩 提   故 知 般 若  波 羅 密 多   


ぜーだいじんしゅ  ぜーだいみょうしゅぜーむーじょうしゅぜーむーとうどうしゅー  
是 大 神 呪   是 大 明  呪 是 無 上  呪 是 無 等 等 呪    


のうじょーいっさいくーしんじつぷーこー  こーせつはんにゃーはーらーみーたーしゅー  
能 除  一 切 苦 真 実 不 虚   故 説 般 若  波 羅 密 多 呪    


そくせつしゅーわつぎゃーてーぎゃーてー  
即 説 呪  日 羯  諦 羯  諦   


はーらーぎゃーてーはらそうぎゃーてーぼーじーそわかー  はんにゃーしんぎょう  
波 羅 羯  諦 波羅僧 羯  諦 菩 提 娑婆訶   般 若  心 経    


 





  










































PR
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
HN:
修行僧
年齢:
76
性別:
非公開
誕生日:
1940/04/08
趣味:
人生修業
自己紹介:
人生とは次から次へと来る試練をゆっくりあせらず乗り越えていく、嵐、快晴、雨、雪、曇り、台風とあらゆる天候の中を航海して目的まで辿り着くことです。早くても遅くても時間は関係なく、より有意義に経験として魂を磨いたかが重要なのです。そして悟りを開いていくため泣いたり笑ったり喜んだり悲しんだり、怒ったり恨んだりといろんな感動を味わって自分の経験としていくのです。